校友会長 冨山恵子(73回生)

校友会長挨拶

校友会長 冨山恵子(73回生)  校友生の皆さま、こんにちは。
 校友会は1906年(明治39年)に発足し、会員同士の親睦と学園への支援のため様々な行事や活動が続いてきました。
 校友会の活動や行事はどの活動をとっても校友生同士が教えたり、教わったり、共に準備したりしており、集まるといつの間にか少女時代にもどり、先輩後輩共に和気藹々とした笑い声の絶えない会合となっています。また、集まってくださる方々の年代を見ますと二十代から八十代までの方々が仲良く、楽しく、学園のために嬉々として働いてくださっています。校友会はこのような会員一人ひとりの尊い奉仕の精神から成り立っており、この奉仕の精神は、普連土学園の教育の中で、自然にごくごく普通に私たちの心の中に根付いたものだと思っています。
 今年初めて、普連土学園HPの中に校友生への案内が掲載されることになりました。今、このHPをご覧になっている方々の中には、まだ校友会行事に参加したことがない方々も多いと思いますが、ホームページ開設により、タイムリーにいつでも校友会の活動をお知らせできるようになりました。
 校友会は普連土学園卒業生皆さんの会です。この機会にどうぞ校友会の活動や行事に参加してください。校友会はいつでも、大きく手を広げてあなたをお待ちしています。
普連土学園校長 浜野能男

学校長挨拶

普連土学園校長 浜野能男   私が普連土学園に奉職して30余年になりますが、「校友生の支えは普連土学園にはなくてはならないもの。」という思いを年ごとに強くしています。バザーや校友会の行事で、また学園を訪ねてくれた、街で偶然であった校友生とのお話や、いただいた年賀状から、普連土学園を大切に思い、さまざまな場所でそれぞれの「神の種」を開花させている校友生の姿を知る度に、その支えとなっている普連土学園の教育を今後も大切に継承、発展させててことの大切さを思わされます。

 この度、学園ホームページに、校友生へのページが設けられました。普連土学園校友会も、校友生が参加できる様々な機会を数多く設けていらっしゃいます。このページがより多くの校友生の参加への一助となればと思っております。また、校友生の交流の促進や、学園へのご支援をお考え頂いている方へのご案内ににも役立つものとなれば幸いです。
 校友生の皆様一人一人の思いが、今もこれからも学園を支える大きな柱です。