Global Voices 国際交流

Language Center Blog 過去の記事一覧

2017.3.24
My Dream Has Come True / 夢は叶う

news16053102

 When I was 11 years old I went to Canada alone and I joined a camp there. There were no other Japanese people so I needed to speak English. It was hard for me but I enjoyed the camp very much. I could make friends even without speaking perfect English. Since then, studying abroad in a foreign country in high school has become my dream.

11歳の時に私はカナダに一人で行き、そこでのキャンプに参加しました。キャンプに私以外の日本人は参加していなかったので私は英語を話さなければならないことになりました。英語を話すのは大変でしたが、とても楽しいキャンプになりました。完璧な英語を話せなくても友達を作ることはできました。その時以来、高校生になってから留学をするのが私の夢となりました。

 I'll leave Japan next summer. I'm going to the USA. I want to study English more. America has a strong relationship with Japan so I want to know more about the country. I think that I will be able understand a lot of what they say but I feel that I can't speak well. It's sometimes difficult for me to express myself. That's why I worry about studying at a local American school. The classes are all in English.
来年の夏に私は日本を発ちアメリカへ向かいます。もっと英語を学びたいからです。アメリカは日本と強いつながりを持っているので、もっとアメリカのことを知りたかったのです。私は現地の人が何と言っているのか分かるだろうと思っていますが、自分は英語をうまく喋れていないということも感じています。時には、自分自身のことを表現するのが難しいです。これが私がアメリカの学校に行って勉強することを内心怖がっていた理由なのです。授業のすべてが英語で行われるのだから。

 I'm excited about the differences in America. The culture will be completely different. I think that there are some Americans who know a little about Japanese culture, but I want to tell them more. And I want to know more about America, too.
私はアメリカと日本との違いにワクワクしています。文化は完全に違ってくるでしょう。日本の文化を少しだけ知っているアメリカの人々が居ても、私はその人たちにより多く日本の文化を教えたいです。そして、私もアメリカの文化についてより多く学びたいです。

 For to prepare to go to America I study English vocabulary and I read the American news. I think it's important for me to spend time in America and to talk with my host family and friends.  
アメリカに行く準備として私は英語の語彙を学び、アメリカのニュースを読んでいます。私はアメリカについての知識をつけること、そしてホストファミリーや友人と話すことに時間を使うのはとても重要なことだと思っています。

 Now, I’m not good enough to study abroad so I feel I have to study more.
今はまだ留学するのに充分とはいえないので、もっと勉強しなければと感じています。 Translated by M.S 高1

 担当: Written by M.A 高1

Global Voices 国際交流

普連土学園では、海外との交流は決して特別なことではありません。今までも、今も、そしてこれからもますます、普連土学園の生徒は色々な国で学び、様々な国の生徒が普連土学園を訪れることでしょう。また海外に普連土学園を支えてくれる学校や、フレンド派の施設が数々存在し、その先生たちとの交流も私たちの教育に大切な役割をはたしています。さらに多くの卒業生が、普連土学園で学んだことを土台とし、海外で活躍しています。このような人たちからの便りは、私たちにとってなにより励みとなるものです。皆様にもその声をご紹介したいと思います。

世界に羽ばたく

アメリカの学校生活<授業>
高校3年
熊澤佑香

lang_blog20160216005  私はAFSと いう機関を通して、アメリカのニューヨーク州に約一年間留学しました。
 アメリカの学校では、毎朝「忠誠の誓い」といって、クラスの皆が立ち上がって、各教室にあるアメリカ国旗に向かい右手を左胸に当て文句を唱えて一日が始まります。

 私の時間割は このような感じでした。(英語、美術、米国史、昼食、Acting、マネジメント/ビジネス、スペイン語、体育)日本のように生 徒はクラスにずっといて先生が教室に来るのではなく、生徒が先生の部屋をまわるというシステムです。授業の選択も、必修の科目もありますが、それ以外はすごく自由で、日本にはないユニークな科目がたくさんありました。例えば、私が取っていたActingというクラスでは、演技をしたり、人前でスピーチをしたりしました。
 他にも、ギターを習うクラス、写真の取り方を習うクラス、クッキング、ファッション、犯罪について学び、実際に刑務所に行ったりするクラスなどです。このようにバラエティ豊かで、また興味のあるものを絞ってより深く学べるシステムはとても魅力的でした。

 また、アメリカの授業の特徴は、日本でよく見られる受け身の授業ではなく、生徒が積極的に授業で発言したりディベートに参加するという所で す。米国史の授業で第二次世界大戦について習っていて、神風特攻隊や原爆についての話をしていた時がありました。私は一人の日本人として、アメリカが原爆を落としたこと を日本ではどのように教えているのか、私はどう思うのかを聞かれ、私もまたアメリカ人のクラスメートの意見を聞く事ができた貴重な経験でした。

World Friends

Océane さんにインタビュー
2016年度 AFS長期留学生
Océane Boucault / Sinéad O’ Connor (英語科)

news17020702
 

O’Connor:  Please tell me your name.
Océane:  My name is Océane Boucault

O’C: Where are you from?
O: I’m from France.

O’C: When did you come to Japan?
O: I arrived in Japan on March 25th of last year.

O’C: Why did you decide to come to Japan?
O: I have a lot of reasons and it’s hard to explain but I guess because my cousin is half-Japanese so he was born and lived all his life in Japan so basically I’ve heard a lot of things about Japan since my childhood so I was interested in it.

O’C: Did you experience any culture shock?
O: I did a lot of research before coming so I was kind of prepared for almost everything but there were some things. Really small stuff like the shops are open on Sunday, or people don’t drink water at meals they drink tea and they sleep all the time on the trains. It’s like small things but different.

O’C: What do you think of FGS students?
O: They are really cool and adorable girls.

O’C: At school there were many events throughout the year, which was your favourite and why?
O: It’s a good question. I liked the school festival. I was kind of disappointed because we don’t really make stuff in class like I thought we would but I was really surprised because it was really fun to be with my friends and to hang with them just around. It was really fun.

O’C: What did you like about everyday life at FGS?
O: I liked the break between the classes. Everybody was really energetic in the break - we don’t have that in France so it was cool to go to the other classes and just talk with everyone.

O’C: How did you communicate with your friends here?
O: In Japanese.

O’C: Was it difficult?
O: Um…I’m kind of, this is going to sound like I love myself so much, but I’m kind of confident in my Japanese so even if I don’t understand I just ask them to explain it to me and they explain it to me really simply so it’s good communication.

O’C: How did you come to be so good at Japanese?
O: I think my Japanese class helped me a lot but more than that I think just talking to the girls all the time. I think when you do an exchange you just have to talk all the time, like, even if you’re tired you have to make an effort and talk . This is how you get good. Like, I could have good relationship with my host family and all the girls at school and improve my Japanese.

O’C: Would you like to come back to Japan?
O: I really like Japan. I think I won’t live here because there’s still a lot of things I don’t like and I think I would choose somewhere where my mom could live too because she’s really important to me. But just to visit, yeah definitely, to see everyone again.

O’C: What did you learn about yourself while being on exchange?
O: I learned that I’m more sociable than what I thought. Like, in France you have to be really, like, dark and cold all the time to everybody so you seem cool. But here I can be myself because Japanese people are really open-minded and really nice to everybody. It’s simply a more comfortable life.