入試Q&A

入試Q&A

普連土学園中学入試に関してよくある質問とその回答です。
学校生活に関するQ&Aは別ページとなります。こちらからご覧ください。

  1.募集要項について   2.出願手続きについて   3.試験当日について
  4.合格発表と入学手続について   5.帰国生入試について


1.募集要項について


Q:来年度(2019年度)の募集要項はいつごろから配布しますか。

8月から事務室、学校説明会等で配付しています。

Q:募集要項は郵送してもらえますか。

郵送はしておりません。事務室、学校説明会等でお受け取り頂くか、本校ホームページにPDFで掲載していますのでそちらをご確認ください。

↑ページトップへ戻る

2.出願手続きについて


Q:複数回出願した方が有利ですか。

複数回出願した受験生を点数面で優遇することはしていませんが、2回目以降の入試で合否のボーダーにいる場合及び補欠の繰上合格者は、複数回出願している受験生が本校への入学を強く希望していると判断し、優遇しています。

Q:インターネット出願は難しいですか。

出願サイトの指示に沿って情報を入力していただくだけですので、難しくはありません。始めに、本校ホームページよりIDとパスワードの登録をしてください。IDとパスワードは、イベント予約時のものと共通ですので、すでにご登録いただいている方はそちらでログインが可能です。インターネット出願のページは、2018年12月20日(木)午前9時よりご利用頂けます。出願手続き(受験票・志願票の印刷)は、2019年1月10日(木)午前9時から可能となります。

Q:志願票の写真はカラーか白黒か、また大きさは縦・横何㎝ですか。

写真はカラーでも白黒でも大丈夫です。大きさは縦4㎝×横3㎝です。

Q:普段眼鏡をかけている場合、願書に貼る写真はどちらの写真を貼ればいいですか。

受験当日に眼鏡をかけて受験する場合、写真も眼鏡をかけたものとしてください。

↑ページトップへ戻る

3.試験当日について


Q:入学試験当日の持ち物は何ですか。

受験票、写真を貼付した志願票(学校提出用)、筆記用具(黒の鉛筆かシャープペンシル)、消しゴム、15cm程度の直線定規(三角定規、分度器、角度の測れる定規[折りたたみ式のものを含む]は使用できません)及びコンパスを持参してください。

Q:試験会場への時計の持ち込みはできますか。

計算機能等のない腕時計の持ち込みは可能ですが、試験会場には時計が用意されています。携帯電話・スマートフォンの持ち込みはできません。

Q:試験終了後、待ち合わせできる場所はありますか。

受験生は試験終了後、保護者の控室までお連れいたします。

Q:保護者の控え室はありますか。

学園講堂等を控え室としてご利用いただけます。

Q:受験生の体調が悪い場合、別室受験等の配慮をしてもらえますか。

体調の悪い受験生は、別室での受験が可能です。当日は集合時間以前に入学試験会場受付で申し出てください。試験中に体調が悪くなった場合は、試験監督教員に申し出てください。

Q:試験当日の受付は何時開始ですか。

1日午前4科と4日午前4科入試(帰国生含む)の当日の受付開始時刻は午前7時30分です。1日午後算数と2日午後2科入試の受付開始時刻は、午後1時30分です。

Q:試験当日、大雪や地震などにより交通機関に大幅な乱れが出た場合、どのようにしたらいいでしょうか。

大雪や地震などの天災その他事情により、試験実施日時を変更する場合は、「受験生連絡ホームページ」(PC、携帯電話で閲覧可)でお知らせします(ホームページ開設予定:2019年1/28~2/4)。なお、入学試験当日午前6時頃からラジオのニッポン放送でもお知らせする予定です(変更のない場合は放送しません)。

↑ページトップへ戻る

4.合格発表と入学手続きについて


Q:合格発表はどのように行うかを教えてください。

本校のホームページで合格発表を行います。併せて午前9時30分から午後4時まで中学校舎玄関脇に掲示をします。

Q:合格した場合、合格書類は何時まで受け取れますか。

手続き期間の指定時間内に受験票を持参の上、事務室窓口にお越しください(16時迄)。

Q:合格発表は電話で確認できますか。

電話による問い合わせには回答しておりません。

Q:入学手続きには何が必要ですか。

通知表のコピー(第6学年1~2学期分、または2学期制の場合は前期分)、印鑑(シャチハタ不可、在学保証書作成のため)及び入学金300,000円をお持ちください。 ※帰国生は、上記のほか海外最終学校の成績証明書を提出してください。

↑ページトップへ戻る

5.帰国生入試について


Q:帰国生入試の出願資格は。

2019年3月に小学校を卒業見込で(あるいは海外で同等の資格を有し)、継続して1年以上海外に在留し、2016年3月1日(小学校3年生の3月1日)以降に帰国した女子が対象になります。

Q:帰国生入試の面接は何分くらいですか。

試験当日13時より、15分程度行います。

Q:帰国生入試の作文とは、どのようなものですか。

まず、ネット出願の際に日本語か英語をお選びください。
字数は、日本語の場合は800字(400字詰め原稿用紙2枚)以内、英語の場合はB4用紙2枚(400~500words)以内です。
作文のテーマは、「外国で暮らしてみて良かったこと」や「住んだ国の魅力をお友達にどのように伝えますか」など、事前に特別な準備をしなくても書ける内容です。
帰国生入試の合否判定では、国語と算数の点数を重視し、作文は参考程度とします。また、外国に何年住んでいたか、帰国後に塾でどのくらい勉強したか等の事情も考慮し、総合的に合否の判断をしております。
2月1日と2月4日の試験毎に作文のテーマは異なりますので、2回とも受験する場合は各回で作文を書いていただきます。



↑ページトップへ戻る