普連土ブログ

普連土の日常をお伝えします…

2017.6.23
少人数で新たな取り組み 中学英語授業
英語科教員
浜野 能男

news17061202
 中学生の英語授業は、以前からネイティブ教員の英会話授業ではクラスを2~3に分割して少人数で実施していましたが、今年度から日本人教員の授業もすべて2分割の少人数で行っています。

 少人数授業のメリットを教員に聞いてみると、「提出物や小テストの頻度がふえた。」「チェックする内容もさらに細かく見られるようになった。」といった、個々の生徒へのケアが手厚くなったことに加え、日本人教員の授業でも、積極的な英語のactivityに取り組んでいます。

news17061203news17061208
news17061204news17061205news17061206news17061207
news17061209news17061210news17061211news17061212
 写真は中学2年生のactivityで、お菓子や料理のレシピを絵や写真で示し、英語でレシピ紹介のpresentationをして、それを他の生徒が評価するというものです。中2でもここまでしっかり英語でcommunicateができることに感心しました。そして、どの先生も少人数でできたゆとりを、すべて生徒の英語力の向上に向けていることに、自分も、もっと頑張らなくてはと思わされました。

2017.6.17
化学実験(有機化合物)
理科教員     原田美代子
2017.6.1
体育祭に参加して/留学生に聞いてみました
教頭 英語科     浜野 能男
2017.5.22
Domingo-sensei’s visit
理事長     畠中 ルイザ
2017.5.19
体育祭の練習
教頭     浜野 能男