普連土学園 中学校・高等学校
東京都港区三田 4-14-16
電話 03-3451-4616(代)

An Appeal for Your Support


   ここに、私が大切にしている1枚の白黒写真があります。見るたびに深く感動するこの写真は、1945年に普連土学園のこの場所で撮影されたものです。しかし、写真には校舎らしきものは写っていません。校舎は空襲で全壊してしまったのです。戦後、このあたり一帯には何も残りませんでしたが、この写真は、荒廃の地に立つ一人の女性教師を写したものでした。その教師はきちんとした装いで、瓦礫の何かに向かって腰を屈めて大きく微笑んでいます。今となってはその教師がなぜ微笑んでいるのかは分かりませんが、彼女は打ちひしがれることなく未来をまっすぐ見つめて立っているのです。

   1887年、普連土学園の創設者は大変な苦労の末、女子校創設という大きな「夢」を実現しました。そして戦後の1945年、この写真に写っている教師たちは何もない瓦礫の中から「夢」を再生するために立ち上がりました。私たちがこうして在るのはすべて、先人の愛と信仰と偉大な努力のおかげなのです。

   今、普連土学園が直面している難局は、1887年の学園創設時や1945年の戦後の苦労と比べることはできません。しかし激しく変化し続ける今の時代に、私たちもまた未来を見つめ、普連土学園の教育の質をさらに高め、維持していかなければなりません。その道程には、急速なIT化への対応など新しい課題が山のように出てきており、その取り組みには今までとは桁違いの投資が求められています。

   普連土学園の生徒が豊かな人間性と知識を身につけ、自信をもって社会に参加できる教育環境を整えるには、皆さんの更なるご支援がぜひとも必要です。

Please help our young women to go as far as they can.
皆さまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

普連土学園理事長