A Continuing Appeal for Your Support


   一年前、私たちは新しいかたちの募金「ふれんど種まきファンド」を設立しました。すると、予想を上回る多くの皆さまからたくさんのご寄付をいただきました。
皆さまの暖かいご支援に心から感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。

   皆さまからいただいたご寄付を昨年はコンピューター教室の刷新と桜の木の植え替えに使わせていただきました。コンピューター教室は、パソコン50台とサーバーを一新、IT教育の環境を整えることができました。また、長らく春の学園に彩りを添えてくれていた中学校舎玄関横のしだれ桜の樹がいよいよ「樹命」を迎えたため、新しい桜の樹に植え替えさせていただきました。生徒たちが選んだ桜の木は、 大きく大きく育つ日本古来の山桜。これからどんな花をつけてくれるのか、春の楽しみになっています。

   この時期、学園では、春に向かって新学期の準備が始まっています。私たちは、種を蒔いたり、苗を丁寧に植えたりしているような気持ちで入学や進級する生徒たちを迎える準備をしています。その思いを込めて、この募金活動の名称を「ふれんど種まきファンド」としました。

   表紙の昨年入学した中学一年生たちの写真をご覧ください。この写真を観る度に胸が温まります。
この子たちは明らかに学校生活を楽しんでいます。昔の先輩たちと同じように彼女たちは一生の友情を築き始めています。光と望みに溢れた写真です。

   この子たちに、今の時代に合ったより良い教育環境を提供するために、「ふれんど種まきファンド」による卒業生の継続的なご支援を改めてお願いする次第です。
   Please continue to help our young women to go as far as they can.
   皆さまのご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

2017年2月

普連土学園理事長